Arch Linux インストール備忘録

その他
[ Arch Linux インストール備忘録 ]

Arch LinuxVirtualBox にインストールして GUI で日本語入力するまでの備忘録です。

きっかけは Ubuntu Desktop 18.04 LTS が GUI 関連で重かったりおかしくなる症状が続いていて、別の環境を試そうと思ったことでした。

インストール

インストールの ISO イメージをセットしても、GUI や TUI のインストーラは起動しません。CLI の黒い画面でコマンドを叩きながら進める手順は、初心者には絶望を与えそうです。

Gentoo Linux と違って Linux カーネルのコンフィグやコンパイルは不要です。それ以外の、最小のベースシステムのみをインストールして、手動でシステムカスタマイズを行う手順は、似た要領です。

パーティション分割して、ファイルシステムには ZFS を、ブートローダには systemd-boot を選んでみました。

ネットワーク

再起動後はインストール時の環境と違って、自分で設定したもの以外はほぼ動いていない状態です。ネットワークも設定なしには繋がりません。

ping が通らなくて理由を調べたら DNS が引けていませんでした。ISP の DNS サーバが DNSSEC 非対応っぽかったので、systemd-resolved の設定 /etc/systemd/resolved.confDNSSEC=false にしました。

GUI と日本語入力関連

Ubuntu 18.04 が採用している GNOME でなく、KDE Plasma 5 / SDDM を試すことにしました。KDE のアプリケーション一式までは要らなかったので、必要最小限の plasma-desktop にコンソール端末 Konsole と日本語入力の Fcitx / Mozc 関連と日本語フォントを継ぎ足しです。

[ OK ] Reached target Graphical Interface.

xorg-servervirtualbox-guest-utils を入れても GUI が立ち上がらず止まって見える場合は、落ち着いて Alt+Ctrl+F2 で CLI からログインして /var/log/Xorg.0.log を確認します。

調べてみると Xorg 用に日本語キーボード配列を指定した設定ファイルでのスペルミスと、VirtualBox のグラフィックスコントローラとのミスマッチが見つかりました。

VirtualBox の設定が VMware をエミュレートした VMSVGA になっていたら、従来と互換の VBoxVGA か、新たな性能向上を図った VBoxSVGA にしましょう。

日本語入力

半角/全角 キーや Ctrl+Space などで入力モードが切り替わらない場合は、fcitx-diagnose に従って ~/.xprofile で環境変数を設定します。

入力には長年 AZIK という拡張ローマ字入力を使ってきているので、mozc の辞書ツールのローマ字テーブルに AZIK 定義ファイル をインポート。令和 (rwwa) / 平成 (hwsw) / 昭和 (xpwa) / 大正 (tqxp) / 明治 (mwji) や、こう (kp) / した (st) / こと (kt) / から (kr) / です (ds) など、少ない打鍵数で快適です。

AUR ヘルパー

AUR は Ubuntu の PPA みたいな位置付けのリポジトリです。

バイナリが提供されていなくて直接 pacman でインストール出来ないので、AUR ヘルパーの yay があると便利でした。

その他のカスタマイズ

後は、テーマを変えたり vimfishssh を整えたり、普通の Linux 環境と同様に。

Arch Linux / KDE / Konsole

前回公開したフォント の作成環境を Ubuntu Desktop 18.04 LTS から移してみました。

fish / oh-my-fish の配色は調節しないと暗すぎる感じですね。「令和」はまだ mozc の辞書に入っていないようでした。

おわりに

Ubuntu Dock と比べると、今のところ KDE のアプリケーションランチャーは軽快に動いてくれています。

最初のインストールや構築を自力で進められる人には、良いディストリビューションだと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました