VCCW は放棄されていた模様

ウェブ
[ VCCW は放棄されていた模様 ]

WordPress の開発環境・テスト環境として、ここ何年か VirtualBoxVagrant を活用した VCCW を利用してきていたのですが、だいぶ前から開発が止まっていたようです。

VCCW - A WordPress development environment.
VCCW is a Vagrant based development environment for WordPress plugins, themes, or websites.

VCCW の Issues にて

How to upgrade to PHP 7.3? #352

How to upgrade to PHP 7.3? · Issue #352 · vccw-team/vccw
how do we set what PHP to use in the default.yml ? before we hit vagrant reload --provision? That's the place to set it right? using this doesint work, comp...

The project seems abandoned 2 years ago

……ですよねえ。Ubuntu 16.04PHP 7.0 など 3 年半 ほど昔の構成のままですから。

開発者の声

2018/3/22 の開発者による Qiita の記事 によると、

VCCW にインストールされている PHP のバージョンを変更する - Qiita
VCCWには、PHP7.0 がプリインストールされていますが、古いバージョンの PHP も利用できるようにしてほしいとのリクエストもちらほら見聞きしますので、VCCW の PHP のバージョンを切り替えるためのシェルスクリプトを作りま...

VCCW にプリインストールされる PHP のバージョンについて

WordPress 本体が、公式に推奨する PHP のバージョンは、まもなくリリースされる WordPress 4.9.5 から PHP7.2 となります。(動作保証環境は引き続き PHP5.2 以上)

VCCW にプリインストールする PHP のバージョンも、近い内にアップグレードすると思います。

とのことだったのですが、現時点での最新版 3.21.1 (2019/4/2) でも変化なしです。

開発用の環境として、ローカルに仮想マシンを一つ立ち上げて済む用途では、PHP のバージョンを上げたりすれば、支障を感じることは少ないと思います。ですが、この古い構成の環境を 今から あるいは これからも 使い続けていきたい、と判断するのは、ためらわれると思います。

個人的な用途の変化

ここ数か月、WordPress 用のプラグインの開発に関わるようになった都合で、PHP 5.6 ~ 7.3 の各環境や古い WordPress などの雑多な組み合わせを素早く整えて動作検証したい場面が増えました。

一つ一つ仮想マシン単位の環境を作るのは時間が掛かります。同時稼働させるにはメモリ効率も処理効率も良くありません。

これは、Vagrant と VirtualBox での仮想化という手段が、用途とミスマッチになった、という事です。VCCW のメンテナンスが滞っていることとは別の話です。

……別の話ではあるのですが、「このプロジェクト、二年前から放置っぽいよ」とのコメントを見付けてしまった以上、良い機会だと思うほかありません。

結論

利用しているプロジェクトがきちんとメンテナンスされているのか、たまには確認するのが良いですね。

安定しきっていて更新の必要がないのと、放置気味になって更新が少ないのとは、事情が全く異なります。余裕があるときに環境を移行させましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました